« 自転車日和 | トップページ | 世界一こいのぼりの里まつり »

第2回 RUN & BIKE in MOTEGI  2012

5月6日(日)

連休最終日の、この日は

開業15周年を迎えた

栃木県のツインリンクもてぎで開催された

第2回 RUN & BIKE in MOTEGI 2012

5時間エンデューロに参加してきました。

4人で1チームを編成しての参戦ですbicycle

コースは前回と同様

ロードコースにスーパースピードウェイをジョイントした

1周7.2kmのコース。

走行順も前回と同様smile

第1走者:ケントさん

第2走者:私

第3走者:コジマさん

第4走者:アポロさん

この4人で、リレーを繫いで5時間走り抜きますbicycledash

そして今回のレースも朝早くから

させさんが応援に駆け付けてくれましたsign03

Photo

↑ ケントさん撮影 ↑

手前のオレンジ色のチームTシャツを着ているのが

させさんです。

前回は、2つのレースが同時開催されたので

出走台数が多かったのですが

今回は台数が減って前回より、かなり走りやすい環境でした。

このオレンジ色のTシャツが結構目立つもので

スムーズにピットインする事が出来るのです。

させさん、本当に有難うございますhappy01

当日は大気の状態が非常に不安定との予報通り

朝から怪しい雲が姿を現わすなど

ピットで待機している時も、走っている時も

常に雲行きを気にしながらのレースでしたsweat01

P1030096

怪しい雲が現れては消えて → 快晴sun

なんとも忙しい天気の移り変わりだ事sweat01

2012

↑ ケントさん撮影 ↑

周回を重ねるごとに脚が重くなってくるのですが

ピットロードの前を通過する時

カメラを向けられると無意識にポーズをとってしまう私・・・(笑)

走りに集中しろって感じですよね~( ´艸`)プププ

今回のレースでは風に苦戦しました。

P1030094

↑ 元気に泳ぐ、もてぎの鯉のぼり ↑

この画像を撮影した後

徐々に風の強さが増していき

遂には鯉のぼりが水平に泳ぐ状態に・・・sweat02

こうなると向かい風では大変です。

でも逆風に対する抵抗力が増しているのが実感出来たのは

冬トレでの向かい風との格闘戦が功を奏したからなのか・・・sign02

しかし、スタミナは確実に消耗していきます。

そして、正午を過ぎた頃から

再び怪しい雲が姿を現し始め

見る見るうちにドス黒い雲へと急変。

雷鳴も近付いてきて、冷たい風が吹き荒れてきました。

雨がポツポツ降り出してきた所でアポロさんがピットイン。

次はケントさんの出走ですが・・・・・

空の色が尋常ではなかったので、出走を見合わせる事に。

自転車と共にピット内へ退避。

間もなくしてバケツをひっくり返したようなドシャ降りにrain

雷と共に、ひょうも落ちてきました。

まだ昼なのに、日没を迎えたような暗さが何とも不気味でした。

P1030103

上の画像を撮影した後

突風のような強烈な風が吹き始め

ピット前のレーススタンドが全て、なぎ倒されていくとともに

暴風雨がピット内にも押し寄せ水浸しに。

悲鳴があがり一時パニックになりましたが

全てのシャッターを閉めて一件落着。

レースは一時中断。

その後、短時間で嵐は去って行きましたが

5時間経過まで、あと40分という所で

大会主催者側の判断によりレースは打ち切りとなりました。

残念ですが仕方ありません。

次回は、7時間エンデューロにチャレンジする~?って事で

昼食後に帰路へ。

先程の嵐が嘘のように、快晴ですsun(皮肉だな~)

しかし、自転車を車に積んでいる時に、また雷鳴がthunder

第2波の襲来。

豪雨の中、ツインリンクもてぎを後にしました。

帰路、真岡市内などでは停電などで信号の機能が停止。

そして渋滞。

各所に消防や警察が出動していて

一部通行止めにより迂回措置がとられていました。

迂回路からは竜巻の被害を受けた家屋が何軒か見えました。

帰宅後テレビのニュースを見て

竜巻被害の大きさに衝撃を受けました。

今回の自然災害で亡くなられた方の御冥福を、お祈りするとともに

被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

|

« 自転車日和 | トップページ | 世界一こいのぼりの里まつり »

自転車・ポタリング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です  
2部構成のドラマのような感じです
4時間まで風に負けずに皆さんが走ってましたが残り 1時間で天気が急変してとんでもないことにピットに避難するとは思いませんでした

帰りも 大雨 ヒョウが降りましたが無事帰宅することができました 

被害に逢われた方 お見舞い申し上げます

投稿: させ | 2012年5月 8日 (火) 22時50分

大変なお天気の中レースに出場されてたんですね。
あの竜巻被害のあったところから
そんなに遠くない所だったのでしょうから
考えてみたら怖いことですよねthink
あともう少しという所でのレースの中断。
この判断は間違ってなかったようですね。
残念ですけど自然には逆らえませんね!
次回に期待しましょうhappy01

まったんんさは左手を上げてポーズとってる方でしょうか~?
せっかくですから
もう少し大きい写真でお願いしたかったです…笑
お疲れさまでしたconfident

投稿: ころっちん | 2012年5月 8日 (火) 23時06分

sad大変なことになる所でしたね。

まさかこんな事は、だれも予想してなかったのではないかしら?coldsweats01

こんな不幸が起きるなんて、自然は本当に怖い
そこに巻き込まれなくて良かった。confident

レースの仕方を、じっくりマスターして応援なんて思ってましたよ。

今回は、アイス所でなかったですね。
次回は、どこで、どんな風に・・・
楽しみにしていますhappy01
とにかくも、お疲れさまでした

投稿: こころぐ郁美 | 2012年5月 9日 (水) 01時12分

こんにちは。

エンデューロお疲れ様でした。
何名か私の知り合いも出ていたようですね~。
7時間はソロで走ったことがありますが、辛いですよ~(^ー^* )

でも、イベントって楽しいですよね!

投稿: タイガー | 2012年5月 9日 (水) 18時25分

こんにちは^^

レースの最初の方はまだ晴れていたんですね~
チームTシャツのオレンジ色が鮮やかshine
冬トレの成果が出てたんですねgood
お昼過ぎからお天気大荒れになったんですかcoldsweats02
レースが打ち切りになったのは残念ですが、
出場された方の安全の方が重要ですから仕方なかったですね…
次回のレースに向けてトレーニング頑張ってくださいup
思っていた以上の被害となって
自然災害の恐ろしさを改めて感じました。

投稿: きゃらめるこーん | 2012年5月 9日 (水) 19時09分

自転車レースお疲れさまでした(*゚▽゚)ノ
時間途中で中止になって残念ですが無事でよかったですね!

投稿: ユカ | 2012年5月 9日 (水) 19時51分

残念でしたが あの天候では しかたありませんねtyphoon

それにしても
冬トレの向かい風との戦いの成果が出たようですねscissors

前日の 栄養補給の成果もbleah

投稿: wani | 2012年5月 9日 (水) 19時52分

させさん、こんばんはhappy01

改めて先日のレースでは御世話になりまして
本当に有難うございましたm(__)m

雨に降られる事は予想しておりましたが
悪天候でレース打ち切りは想定外でした。

もてぎからの帰路も悪天候でしたが
お互い無事に帰宅出来て何よりでした。

次回のレースでは一緒に走りましょうねbicycle

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 21時45分

ころっちんさん、こんばんはhappy01

悪天候に見舞われ荒れたレース展開となりましたsweat01

竜巻被害を受けた地点から
それ程離れていない場所でしたので
帰宅後のテレビのニュースを見て
恐怖感を覚えた感じです。

レース打ち切りは残念でしたが
主催者側の判断は正しかったと私も思います。
自然は、私たちの想像を絶する様な力を持っているものだと
改めて思い知らされました。
確かに我々人間は、自然の力には逆らえませんねcoldsweats01
次回のレースに期待したいと思いますup

ちなみに左手をあげているのが私ですpaper
実は当方、恥ずかしがり屋なもので~
なんちゃってsmile

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 21時57分

こころぐ郁美さん、こんばんはhappy01

私は竜巻の被害は免れましたが
落雷と突風の襲来に、少々身の危険を感じた所です。

竜巻は、いつ、何処で発生するか
予想がつきにくいようですねtyphoon

今回は、アイスどころではありませんでしたcoldsweats01

次回は、地元の風物詩をご紹介する予定で~すhappy01

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 22時04分

タイガーさん、こんばんはhappy01

おっflair
サイクリストの、お仲間さんbicycle
同じカテゴリーだったのでしょうかsign02

こういうイベントに参加するのも
楽しいものですね~note

う~ん、7時間のソロはキツイでしょうねcoldsweats01

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 22時07分

きゃらめるこーんさん、こんばんはhappy01

最初の方は晴天だったのですが
あの急変ぶりには本当に驚きましたcoldsweats02

オレンジ色、かなり目立ちますよね~flair

冬トレの成果出ていたので
寒い中トレーニングしたかいがありましたsmile

レース打ち切りは残念でしたが
悪天候の第2波が襲来した事を考えれば
主催者側の判断は正しかったと思います。
大きい被害で、私も改めて
自然災害の恐ろしさを再認識致しました。

次のレースに向けて
またトレーニングに励んでいきたいと思いますgood

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 22時16分

ユカさん、こんばんはhappy01

悪天候の影響で
レース打ち切りは残念でしたが
チームの皆さんと力を合わせて
楽しく走れたので満足ですgood

帰路も悪天候に見舞われましたが
無事に帰宅出来ましたhouse

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 22時20分

waniさん、こんばんはhappy01

圧倒的な自然の力を前にして、立ち尽くす事以外
成す術無しといった感じです。

逆風の中、冬トレの成果が出た事は
私にとって大きな収穫となりましたsmile

これで、またbicycleトレーニングに対する
モチベーションが上がりましたup

前日のエネルギーチャージも
少しは功を奏したと思われますwink

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 22時28分

レースの進行については残念でしたが、結果的にはとても良い判断でしたね。

竜巻の被害は、予想以上にひどいもので、北条は大変なことに!支援と言えども、そう簡単なものではありません。

7件先の家屋は、何の支障もないのに、我が家は全壊状態!という方から話も聞きましたが
何も応えることができませんでした。

投稿: araita | 2012年5月 9日 (水) 22時58分

araitaさん、こんばんはhappy01

5時間経過を待たずして
レース打ち切りは残念でしたが
主催者側の判断は正しかったと思います。

テレビのニュースでも見ましたが
北条地区の被害は特に大きかったのですね。

まだ週末あたりまで大気の状態が
不安定との予報が出ておりますので
気が抜けませんね。

改めて被害に遭われた方に
お見舞い申し上げます。

投稿: まったん | 2012年5月 9日 (水) 23時28分

こんにちは。遅いコメントすみません。
まずはエンデューロお疲れ様でした。最後まで続行できなかったとは言え、いろいろな成果があったようですね^^。にしても終盤大変なことになりましたね。
私もテレビでニュースを見ながらまったんさんやaraitaさんのことを考えておりました。お二人ともご無事のようで何よりです。しかし自然の驚異とは恐ろしいですね。
次は7時間で今回の鬱憤を晴らしてくださいねー。
ではヽ(´▽`)/

投稿: まっさん | 2012年5月10日 (木) 15時22分

レースお疲れさん。
竜巻のニュース見て茂木とか出ていたから電話してつながらんかったときは心配したけど無事でよかったよ!
途中で中止は残念だけど次回リベンジだね。

投稿: ドンタコス | 2012年5月10日 (木) 20時20分

まっさんさん、こんばんはhappy01

いえいえ気にしないで下さいwink
有難うございますm(__)m

残り時間僅かという所でレース打ち切りは残念でしたが
その後の第2波の襲来があった事を考えれば
主催者側の判断は正しかったと言えます。

向かい風に対する抵抗力が付いたのは
冬トレの効果だと自分に言い聞かせておりますsmile

かえって御心配お掛けしてしまったようで
すみませんでした。
araitaさんも御無事で安心しました。

自然の脅威は本当に恐ろしいものですね。

次回レース、7時間になるのかな~sign02
鬱憤晴らしま~すbicycledash

投稿: まったん | 2012年5月10日 (木) 21時54分

ドンちゃん、こんばんはhappy01

御心配お掛けしました。
電話出れなくてスンマセンsweat01

電話(スマホ)は手元に置いておかなきゃだね~coldsweats01

次回レース、リベンジだ~っbicycledash

投稿: まったん | 2012年5月10日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200635/45171684

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 RUN & BIKE in MOTEGI  2012:

« 自転車日和 | トップページ | 世界一こいのぼりの里まつり »